大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるひまわり中小企業センター・ひまわりほっとダイヤルの情報

投稿日:

わたしは2年前にに自己破産した四十代きこん女性です。

このHPでは、自己破産をかんがえている人に、私のけいけんから得た情報をつたえています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんに無料そうだんして代わりでもうしたててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

ひまわり中小企業センター・ひまわりほっとダイヤル

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目12-5

TEL:TEL 0570-001240

なぜじこはさんを申し立てたのかをはなしします。

ビジネスのしょうざいや塾の購入をカードのリボ払いでけっさいしていました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費が必要なので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわでお話をおこないました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そして自分の居住地から近くにある弁護士じむしょにつうわして、じかにじむしょに出向いて、30分の無料めんだんをしました。

事務所には二回いくだけでした。

そしてつうわと郵便でじむしょやべんごしとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計しておよそ15万円使いました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくに合わせて、ひつようとしたひようを月に1度法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、べんごし事務所にはなしにいってから十か月後に、自己破産の免責がきょかをうけたのです。

じこはさんは、わたしのしょうがいのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあります。

だけども、じこはさんしたことをだれにもいわなければ知られずに済むのです。

わたしが自己破産した事実を知るかたは、ごくかぎられているのです。

リボばらいの利息が無くなったことで、借金のふあんがなくなりました。

近頃はカードの期間が早く終わるようにとまちながら仕事にいます。

ですから、自己破産のもうしたてを検討しているなら、免責にじかんが要するので、すぐにべんごしじむしょに電話して無料そうだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.