大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある山口利昭法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなり前にじこはさんした四十代どくしん男性です。

当ホームページでは、自己破産を考えている人に、私のけいけんから得た内容をかいています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに0円でそうだんして代理で申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

山口利昭法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目5-12

TEL:TEL 06-6367-5381

なんでじこはさんをもうしたてたのかを語りします。

ビジネスのてきすとや講習会の購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

毎月の収入よりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、しゅじゅつひがひつようになるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいでお話をしたのです。

すると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

そのご自分の居住地から近いほうりつじむしょにでんわして、直接じむしょに行って、30分の無料面談をしたのです。

事務所には2回でむくだけでした。

それから電話と郵便で事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをごうけいして約15万円使いました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を利用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合わせて、必要としたお金をまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

ついには、弁護士じむしょにめんだんに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいがきょかを受けたのです。

自己破産は、わたしのしょうがいのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、はさんしたことをたにんに言わなければ知られずに済むのです。

わたしがはさんした事実をしる方は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんのなやみがきえました。

最近はカードのきげんが早くおわるようにとまちながらしごとにいます。

ということで、自己破産のもうしたてを考えているなら、めんさいに時間がかかるので、すぐに弁護士じむしょにでんわして無料の相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.