大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある舩冨法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前に自己破産した39歳の既婚男性です。

当HPでは、じこはさんをかんがえているかたに、私の体験から得た情報をつたえています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料面談して代理で申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

舩冨法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目10-8-205

TEL:TEL 06-6311-0259

どうして自己破産をもうしたてたのかをお話します。

資格のしょうざいやスクールの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

月のきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費用がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をおこないました。

すると自己破産でリボばらいの利息をなしにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてうちの所在地から近い弁護士事務所につうわして、ちょくせつ事務所に行って、30分の無料めんだんをしました。

事務所には二回いくだけでした。

そして電話と郵送でじむしょやべんごしさんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助をまとめるとおよそ15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、少しの間だけたてかえました。

15万円をわたしの支払する能力に応じて、掛かったおかねを毎月法テラスに口座引き落としで支払いました。

さいしゅうてきには、弁護士事務所に相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかを受けたのです。

自己破産は、わたしの人生のおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

そのいっぽうで、じこはさんした事実をまわりのひとにいわなければしられずに済むのです。

私が自己破産しちゃった事を知る方は、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、返済の心配がなくなったのです。

さいきんはクレジットカードの期間があっというまにおわるようにとまちながらおしごとにいるのです。

ということから、じこはさんの申立てを考えているなら、免責にじかんがかかるので、さいしょから弁護士事務所にでんわして無料の相談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.