大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある太平洋法律事務所の情報

投稿日:

わたしはなんねんかまえに自己破産した30代独身おんなです。

当ページでは、自己破産を考えているかたに、私のじれいからわかったおはなしを書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に無料相談して代わりでもうしたててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

太平洋法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-18-3F

TEL:TEL 06-6311-9180

なぜじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

びじねすのてきすとや塾の入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月のしゅうにゅうよりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でおはなしをしました。

すると自己破産でリボばらいの利息をなしにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そのご自分の住所からあまり離れていない法律じむしょに通話して、直接事務所に行って、30分のむりょうそうだんをしました。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

それから通話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせると約15万円掛かりました。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしの支払するのうりょくに従って、掛かったひようを毎月法テラスに口座振替で支払いました。

結果的には、べんごしじむしょにめんだんに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかを受けました。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードが使えない欠点があるというわけです。

ですが、破産したことを周りにいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産したことをしっている人は、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、返済のなやみがなくなりました。

さいきんはカードの期間があっという間におわるようにと待ちながらお仕事にいます。

ですから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責にじかんが要するので、さいしょから法律事務所に電話して無料の相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.