大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるさくらリーガル法律事務所の情報

投稿日:

私は前にじこはさんした31歳のシングルのおんなです。

このページでは、自己破産を考えている人に、わたしのけいけんから得たお話を書いています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料そうだんしてかわりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

さくらリーガル法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目3-15-5F

TEL:TEL 06-6484-9520

どういうわけで自己破産をもうしたてたのかをお伝えします。

びじねすのてきすとやスクールの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

つきのきゅうりょうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいでお話をしたわけです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてうちのじゅうしょから近い弁護士事務所につうわして、直接じむしょに出向いて、30分の無料面談をしました。

事務所には二度あしをはこぶだけでした。

そうしてつうわと郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助をまとめるとだいたい15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしのしはらいする能力に従って、必要とした費用をまいつき法テラスに口座引落で払いました。

最終的には、弁護士事務所に話に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがりようできないデメリットがあります。

けれども、じこはさんしたじじつを他人にいわなければ知られずに済みます。

わたしがはさんしてしまった事実を知っているひとは、ごくかぎられているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんのくるしみがなくなったのです。

近頃はクレカのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

そういうわけで、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいに時間がようするので、直ぐにべんごし事務所にでんわして無料そうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.