大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある佐野法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前にに自己破産した52歳の未婚だんせいです。

このHPでは、自己破産をけんとうしているかたに、私のじれいから得た情報を書いています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに0えんで面談して代理で申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

佐野法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目13-3-602

TEL:TEL 06-6131-1770

どういうりゆうで自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

資格のしょうざいやセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

1かげつの収入額よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、治療費がはらうことになるので、リボばらいのりそくをはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで相談をしてみました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そしてわたしのしょざいちから近いべんごし事務所に電話して、ちょくで事務所にでかけて、30分のむりょうめんだんを行ないました。

事務所には二度でむくだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士の代理援助を合わせておよそ15万円費やしました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、少しの間だけたてかえました。

15万円を私のしはらいする能力に応じて、かかったおかねを毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

結果的には、ほうりつ事務所に話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えない欠点があるわけです。

そのいっぽうで、破産したじじつをほかのひとにいわなければしられずに済むのです。

私が自己破産してしまったことを知る方は、ごく限られています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、返済の心配がなくなりました。

今はクレジットカードのきかんがはやく終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間が必要なので、さいしょからほうりつ事務所にれんらくしてむりょうの相談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.