大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある庄司法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3ねんまえにじこはさんした37歳の独身だんせいです。

当ページでは、じこはさんをけんとうしているひとに、わたしの経験から得たじょうほうをお伝えしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士にタダで相談して代理で申し立ててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

庄司法律事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場1丁目11-9-8F-A

TEL:TEL 06-6267-8917

何故自己破産をもうしたてたのかを語りします。

資格の商材やセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで清算していました。

毎月の給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、いりょうひが払うことになるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯で相談をしてみました。

するとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

その後じぶんのきょじゅうちからあまりはなれていない弁護士じむしょにつうわして、直接事務所に行って、30分の無料相談を行ないました。

じむしょには2かい行くだけでした。

そして電話と郵送で事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合わせてだいたい15万円かかりました。

15万円を支払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまく使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の支払いする能力にしたがって、ひつようとしたひようをつきごとに法テラスに口座振替でしはらいました。

けっきょくは、法律事務所にそうだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、わたしの生涯のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが利用できないけってんがあるのです。

ですが、自己破産したことを周りのひとにいわなければきづかれずに済むのです。

私がはさんした事実をしるひとは、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、借金の苦しみがない状態です。

現在はクレカの期限があっという間におわるようにとまちながらお仕事にいるわけです。

ですから、自己破産の申立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんがようするので、はじめからべんごしじむしょに電話してむりょう相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.