大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 枚方市

大阪府枚方市にある枚方くずは法律事務所の情報

投稿日:

私は1ねんまえに自己破産した44歳のきこんおとこです。

当記事では、じこはさんを考えている方に、私の体験から得たないようをつたえています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0えんでめんだんして代理でもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

枚方くずは法律事務所

所在地

〒573-1111大阪府枚方市楠葉朝日2丁目4-11-201

TEL:TEL 072-856-4567

何故自己破産を申し立てたのかを話しします。

ビジネスのテキストや講習会の購入をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

月の収入額よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

その後うちの所在地から近い法律事務所につうわして、ちょくせつ事務所にでかけて、30分の無料相談をしたわけです。

じむしょには2ど足を運ぶだけでした。

そうしてつうわとゆうそうでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助を合わせてだいたい15万円必要でした。

15万円を払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円をわたしの支払いする能力に合わせて、必要としたきんがくを毎月1回法テラスに口座振替ではらいました。

結局は、法律じむしょにはなしに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいがきょかを受けたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないけってんがあるというわけです。

だけども、破産した事実を誰にもいわなければ知られずに済むのです。

私がじこはさんしたことをしっているかたは、ごく限られているのです。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいのくるしみが無くなりました。

この頃はカードの期間があっというまにおわるようにとまちながらおしごとにいるのです。

というわけで、自己破産のもうしたてを検討しているなら、免責に時間がかかるので、最初から法律じむしょにでんわして無料相談をやってもらっててつづきを。

-大阪府, 枚方市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.