大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある堤法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえに自己破産した44歳の未婚おとこです。

当サイトでは、じこはさんを考えているひとに、わたしの実例から得たじょうほうをしるしています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしに0円で相談して代わりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

堤法律事務所

所在地

〒558-0013大阪府大阪市住吉区我孫子東3丁目1-13

TEL:TEL 06-4703-5560

どんな理由でじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのきょうざいや塾のこうにゅうをクレカのリボ払いで清算していました。

ひと月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるひ大病をわずらい、いりょうひがかかるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいでそうだんをしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

それからうちのきょじゅうちから近距離の弁護士じむしょに電話して、直接じむしょに行って、30分のむりょう相談をしたわけです。

じむしょには2ど足を運ぶだけでした。

そしてでんわとゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをまとめるとおよそ15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、その時だけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力にしたがって、必要としたおかねを1か月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、ほうりつ事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをうけました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

しかし、破産した事実を周囲にいわなければ知られずにすむのです。

わたしが自己破産したことをしっている人は、ごくかぎられています。

リボばらいのりそくがなくなったことで、しゃっきんの悩みがきえました。

最近はクレカのきげんがはやく終わるようにと待ちながらしごとにおります。

ということで、自己破産のもうしたてを考えているなら、めんさいに時間がようするので、さいしょから弁護士事務所に電話してむりょうめんだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.