大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある道頓堀法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえにじこはさんした40歳の既婚男性です。

当記事では、自己破産をけんとうしている方に、私のじれいから得たお話を書いています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に無料めんだんして代理で申し立ててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

道頓堀法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-B08

TEL:TEL 06-6809-4905

どんなりゆうでじこはさんをもうしたてたのかを語りします。

ビジネスの商材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がひつようになるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのご自分の居住地から近い弁護士じむしょに通話して、ちょくで事務所に出掛けて、30分のむりょうめんだんをしたんです。

事務所には2どあしをはこぶだけでした。

そして通話とゆうびんで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計しておよそ15万円ついやしました。

15万円を払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、そのときだけ建て替えました。

15万円を私のへんさいするちからにしたがって、かかった金額を1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしではらいました。

最終的には、弁護士じむしょに面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、カードがしようできないデメリットがあるのです。

そのいっぽうで、自己破産した事実をまわりのひとに言わなければしられずに済むのです。

私が自己破産してしまった事実を知るかたは、ごく限られているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、へんさいのなやみがなくなりました。

今はクレカのきげんがはやくおわるようにとまちながらおしごとにいるわけです。

よって、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、ためらわずに弁護士じむしょにでんわして無料めんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.