大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある渡辺橋法律事務所の情報

投稿日:

私は2年前ににじこはさんした39歳のシングルの男です。

このサイトでは、自己破産を検討しているひとに、私のたいけんから得た内容を記しています。

答えからいうと、自己破産はべんごしに無料相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

渡辺橋法律事務所

所在地

〒550-0002大阪府大阪市西区江戸堀1丁目2-11-602

TEL:TEL 06-4256-8660

どうして自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

じこけいはつの商材やじゅくの入手をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

毎月の収入額よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、しゅじゅつひが必要なので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいでおはなしをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それからうちの住所から近距離のべんごし事務所に電話して、じかに事務所に出掛けて、30分の無料相談をしました。

事務所には2回行くだけでした。

そしてでんわと郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんのもうしたてには着手金とべんごしのだいりえんじょを合計してだいたい15万円かかりました。

15万円を払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいするのうりょくにあうようにして、ひつようとしたおかねをつきごとに法テラスにこうざふりかえで支払いました。

結局は、法律じむしょに相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが利用できないけってんがあるというわけです。

その一方で、破産した事をしゅういにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産しちゃったじじつを知っている方は、ごく限られています。

リボ払いのりそくが無くなったことで、返済のふあんが消えました。

今はクレカのきかんがあっという間に終わるようにと待ちながらしごとにおります。

ということで、じこはさんの申立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、ただちにべんごし事務所に連絡してむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.