大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある島田法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなり前にじこはさんした40代既婚だんせいです。

当サイトでは、じこはさんを考えている方に、わたしのたいけんから得たお話を書いています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんにただで相談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

島田法律事務所

所在地

〒541-0053大阪府大阪市中央区本町2丁目1-6-12F

TEL:TEL 06-6261-0511

なぜ自己破産を申し立てたのかを話しします。

びじねすのきょうざいや講習会の入手をクレカのリボばらいで決済していました。

まいつきの収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしたわけです。

そうしたらじこはさんでリボばらいのりそくをなしにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後じぶんのしょざいちから近くにある弁護士事務所に通話して、ちょくでじむしょにいき、30分のむりょうめんだんをしたんです。

事務所には2回出向くだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助をあわせると大体15万円掛かりました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合わせて、必要とした金額を毎月1回法テラスにこうざふりかえで払いました。

さいしゅうてきには、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをしてもらいました。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えない欠点があります。

だけども、じこはさんした事をしゅういにいわなければ気づかれずにすむのです。

わたしが自己破産したことをしっているひとは、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいの不安がなくなりました。

現在はカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいます。

よって、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間が要するので、はじめからべんごし事務所に電話して無料そうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.