大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるISG法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は3年前に自己破産した53歳のどくしん男です。

当HPでは、自己破産をかんがえている方に、私の実例からわかったないようをかいています。

結論からいうと、自己破産はべんごしにむりょう相談して代理でもうしたててもらうと問題なく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

ISG法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1丁目14-11-401

TEL:TEL 06-6449-2230

なんで自己破産を申し立てたのかをはなしします。

自己啓発のテキストや講習会の入手をクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

1かげつの給与よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで話を行ないました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかと提案されました。

そして自分の居住地からあまり離れていないほうりつ事務所にでんわして、直接じむしょに出かけて、30分の無料面談をしました。

事務所には2回出向くだけでした。

それから通話と郵送でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助をあわせておよそ15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、その時だけたてかえました。

15万円をわたしのしはらいするちからに従って、かかった金額を1か月毎に法テラスに口座振替で支払いました。

さいしゅうてきには、べんごし事務所にそうだんにいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をしてもらいました。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードがしようできない欠点があるというわけです。

ですが、じこはさんしたことをまわりの人に言わなければ知られずに済みます。

わたしが自己破産した事実をしっている方は、ごく限られています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金の不安がない状態です。

今はクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらおしごとにおります。

とにかく、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責に時間がひつようとなるので、はじめから弁護士じむしょに連絡してむりょうのめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.