大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にある吉崎総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしは過去にじこはさんした53歳の独身男性です。

当HPでは、自己破産をけんとうしている方に、私の体験から得たないようをつづっています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょうめんだんして代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

吉崎総合法律事務所

所在地

〒590-0028大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2-4F-C

TEL:TEL 072-228-2468

何で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

じこけいはつのしょうざいや塾の購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようがはらうことになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話ではなしをしました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分の住所から近いべんごしじむしょにつうわして、直接事務所に行って、30分のむりょう面談をしました。

事務所には二度出向くだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金とべんごしのだいりえんじょをあわせるとやく15万円かかりました。

15万円を支払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をしようして、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、かかったお金を1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしではらいました。

結局は、弁護士事務所に相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えない欠点があります。

そのいっぽうで、自己破産した事をほかの人にいわなければきづかれずにすむのです。

私がじこはさんしちゃった事実をしっているひとは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみが消えました。

この頃はクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらお仕事にいます。

というわけで、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがかかるので、直ちにべんごしじむしょにれんらくしてむりょうのめんだんを受けて手続きを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.