大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

吹田市 大阪府

大阪府吹田市にある伊藤総合法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した30歳の未婚女です。

当ページでは、自己破産を検討している方に、私の体験からえた情報をしるしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

伊藤総合法律事務所

所在地

〒565-0813大阪府吹田市千里丘下6-C-605

TEL:TEL 06-6318-7027

どういう訳でじこはさんを申し立てたのかを話しします。

自己啓発の教材や講習会の入手をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひが必要なので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしました。

するとじこはさんでリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後じぶんの居住地からあまり離れていない法律じむしょに通話して、直接事務所に行き、30分の無料めんだんをしました。

じむしょには2回行くだけでした。

そうして通話と郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金とべんごしのだいりえんじょを合計して約15万円ついやしました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的にたてかえました。

15万円をわたしの返済する能力に応じて、掛かったおかねをまいつき法テラスにこうざふりかえではらいました。

けっかてきには、ほうりつ事務所に相談にあしをはこんでから十か月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使用できないけってんがあるのです。

その一方で、自己破産したことをたにんに言わなければ気づかれずにすみます。

わたしが自己破産しちゃったことを知っている人は、ごくげんていされているわけです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、しゃっきんのしんぱいがなくなりました。

この頃はクレカのきかんが早くおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいに時間がようするので、いそいでほうりつ事務所にでんわして無料面談を受けて手続きを。

-吹田市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.