大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 泉大津市

大阪府泉大津市にある和佐法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した33歳の未婚男です。

このホームページでは、自己破産をけんとうしているひとに、私のじれいからわかった内容をおつたえしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にむりょうそうだんして代理でもうしたててもらうともんだいなく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

和佐法律事務所

所在地

〒595-0025大阪府泉大津市旭町22-45

TEL:TEL 0725-90-4905

どういう理由でじこはさんをもうしたてたのかをおはなしします。

ビジネスのきょうざいやセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようが必要なので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいで相談をしてみました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうしてうちの所在地から近くにあるべんごしじむしょにでんわして、直接じむしょに出向いて、30分の無料めんだんをおこないました。

事務所には2どあしをはこぶだけでした。

そうして電話と郵送で事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合計してやく15万円必要でした。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済する力に従って、かかった金額をつきごとに法テラスに口座振替ではらいました。

最終的には、べんごしじむしょにめんだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがつかえないデメリットがあるのです。

ですが、破産した事をほかの人にいわなければ知られずにすみます。

私がはさんしたことをしっている人は、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、返済のしんぱいがなくなりました。

近頃はクレカの期限が早く終わるようにとまちながら仕事にいます。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようとなるので、はじめからほうりつ事務所に連絡してむりょうのめんだんを受けて手続を。

-大阪府, 泉大津市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.