大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 寝屋川市

大阪府寝屋川市にあるはちかづき法律事務所の情報

投稿日:

私はすこしまえに自己破産した31歳の独身おとこです。

この記事では、じこはさんをかんがえている方に、私のたいけんから得た情報をつづっています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に0円で相談してかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

はちかづき法律事務所

所在地

〒572-0837大阪府寝屋川市早子町13-7-203

TEL:TEL 072-812-7915

何故じこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

スキルアップのテキストや塾のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

毎月の給与よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、いりょうひがひつようなので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でおはなしをおこないました。

すると自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてうちの居住地からあまりはなれていない弁護士じむしょにでんわして、直でじむしょに出向いて、30分の無料そうだんをしたんです。

じむしょには2度でむくだけでした。

それから電話と郵便で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとほぼ15万円かかりました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合わせて、ひつようとしたお金を毎月1回法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、法律じむしょに話に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使用できないデメリットがあるというわけです。

ですが、はさんした事を他の人に言わなければきづかれずに済みます。

わたしがはさんしたことをしっている人は、ごく限られています。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、へんさいのしんぱいがなくなったのです。

最近はクレカの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにいます。

という訳で、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間がようするので、直ちにべんごし事務所に連絡してむりょうの相談をうけててつづきを。

-大阪府, 寝屋川市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.