大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大石一二の情報

投稿日:

わたしは2年前にに自己破産した41歳の独身女です。

当ページでは、自己破産を考えている方に、わたしの実例からわかった情報をしるしています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんに無料めんだんして代理で申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

大石一二

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目2-5

TEL:TEL 06-6365-8558

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスの教材や塾の購入をクレカのリボ払いで支払いしていました。

毎月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でお話をしました。

そうすると自己破産でリボばらいの利息を無しにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

それから私のじゅうしょから近いべんごしじむしょに電話して、ちょくせつじむしょにいき、30分の無料そうだんをしたのです。

事務所には2回出向くだけでした。

そしてでんわと郵送でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをまとめると約15万円使いました。

15万円を払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するちからにしたがって、ひつようとしたお金を1か月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、べんごし事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかされました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないデメリットがあるのです。

しかし、破産した事実を周りにいわなければきづかれずに済むのです。

私が自己破産したことをしる方は、ごくげんていされているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんの不安がなくなったのです。

このごろはクレカの期間があっという間におわるようにとまちながら仕事にいます。

そういうわけで、じこはさんの申立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんがようするので、すぐに法律事務所にでんわして無料面談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.