大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある未来総合法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した31歳のシングルの女です。

このHPでは、自己破産をけんとうしているかたに、私の経験からわかったおはなしをお伝えしています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0円でそうだんしてかわりで申し立ててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

未来総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6949-8867

どういう訳で自己破産を申し立てたのかを話しします。

ビジネスの教材やセミナーの入手をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

つきの給与よりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯でおはなしをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後わたしのじゅうしょからあまり離れていない法律じむしょに電話して、直接事務所にでむいて、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には2どいくだけでした。

そうして電話とゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をごうけいしておよそ15万円使いました。

15万円をしはらうのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、いちじてきにたてかえました。

15万円を私のへんさいするのうりょくに応じて、かかった金額を1か月ごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

結局は、ほうりつじむしょに話にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えない欠点があるのです。

しかし、はさんしたことをしゅういに言わなければ気づかれずに済むのです。

私が自己破産したことを知るひとは、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの心配がきえました。

現在はクレカの期間があっという間におわるようにと待ちながらしごとにいます。

ですから、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、ためらうことなく法律じむしょにれんらくしてむりょうの面談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.