大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある栄光綜合法律事務所の情報

投稿日:

わたしはまえに自己破産した四十代どくしん男性です。

このHPでは、じこはさんを考えているひとに、私の体験からわかったないようを伝えています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしに0円で面談してかわりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

栄光綜合法律事務所

所在地

〒541-0044大阪府大阪市中央区伏見町3丁目2-4

TEL:TEL 06-4707-1251

何で自己破産をもうしたてたのかをかたりします。

しかくのきょうざいやじゅくの入手をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、いりょうひが必要なので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわではなしをしてみました。

するとじこはさんでリボ払いのりそくをなしにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからじぶんの住所から近くにある弁護士事務所に電話して、ちょくで事務所に行って、30分のむりょう相談をおこないました。

じむしょには2ど足を運ぶだけでした。

そうしてでんわと郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をごうけいしてやく15万円ひつようでした。

15万円を支払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をりようして、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するちからにあうようにして、必要としたきんがくを月に1回法テラスに口座引落でしはらいました。

けっかてきには、べんごしじむしょに面談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードがりようできない欠点があります。

だけども、破産したじじつを誰にもいわなければきづかれずにすみます。

私が自己破産したじじつを知る人は、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいのなやみがありません。

現在はクレジットカードのきかんが早く終わるようにとまちながらお仕事にいます。

ということで、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、直ちに弁護士じむしょにでんわしてむりょうの相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.