大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 茨木市

大阪府茨木市にあるエル法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4年前に自己破産した40代きこん男性です。

当ページでは、自己破産をかんがえているかたに、私のけいけんからわかったないようをつづっています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代わりで申し立ててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

エル法律事務所

所在地

〒567-0868大阪府茨木市沢良宜西1丁目2-20-305

TEL:TEL 072-657-8722

どういうりゆうでじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

ビジネスの商材や講習会の入手をカードのリボ払いで決済していました。

つきの給与よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、医療費がひつようになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯でおはなしをおこないました。

すると自己破産でリボ払いのりそくを無しにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そのご自分の住所から近距離の弁護士じむしょに電話して、直でじむしょに行き、30分のむりょう面談をおこないました。

事務所には2回あしをはこぶだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続をすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせてだいたい15万円使いました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に応じて、かかったお金を1か月ごとに法テラスに口座引落で払いました。

最終的には、べんごし事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使用できないけってんがあります。

その一方で、破産したことを周りのひとにいわなければきづかれずに済みます。

わたしが自己破産しちゃった事実を知っている人は、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、へんさいの不安がきえました。

今はクレカの期間が早くおわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということから、自己破産の申し立てをかんがえているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、ただちにほうりつ事務所に連絡してむりょう面談をしてもらって手続きを。

-大阪府, 茨木市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.