大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

吹田市 大阪府

大阪府吹田市にある千里みなみ法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえにじこはさんした40代既婚女です。

このサイトでは、自己破産を考えている方に、私の実例から得た情報をつづっています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに0えんで面談して代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

千里みなみ法律事務所

所在地

〒565-0851大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-200

TEL:TEL 06-6384-0088

どういう訳で自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

スキルアップのきょうざいやこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1かげつの収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしました。

すると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そしてうちのしょざいちから近距離の弁護士じむしょにつうわして、直接事務所に行って、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には2かい行くだけでした。

そしてでんわと郵送でじむしょや弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をあわせてやく15万円必要でした。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまく使って、その時だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに合わせて、必要とした費用を1か月毎に法テラスに口座振替でしはらいました。

けっかてきには、弁護士事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使用できない欠点があるというわけです。

だけども、じこはさんしたことをしゅういに言わなければ気づかれずにすみます。

私が破産してしまったことを知る人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんの悩みがありません。

現在はクレジットカードの期間が早くおわるようにとまちながらしごとにいるわけです。

とにかく、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責に時間がひつようとなるので、すぐに法律事務所に連絡して無料面談をうけててつづきを。

-吹田市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.