大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあることのは法律事務所の情報

投稿日:

私は3ねんまえにじこはさんした四十代独身おとこです。

このページでは、自己破産を考えている人に、わたしの体験からわかったないようをかいています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんに0えんでめんだんしてかわりでもうしたててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

ことのは法律事務所

所在地

〒543-0044大阪府大阪市天王寺区国分町8-11-5F

TEL:TEL 06-6796-7289

なぜ自己破産を申し立てたのかを語りします。

しかくのてきすとやじゅくの入手をカードのリボばらいで支払いしていました。

1か月の収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、いりょうひがかかるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわで相談をしてみたのです。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

それからじぶんの住所から近くにある弁護士じむしょに電話して、直で事務所に行って、30分のむりょうめんだんをしたのです。

事務所には2かいいくだけでした。

そして電話とゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせるとおよそ15万円必要でした。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の返済する力に合わせて、ひつようとしたお金を月毎に法テラスに口座引落でしはらいました。

けっかてきには、法律事務所に面談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかされました。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがりようできない欠点があるのです。

けれども、破産した事を周りにいわなければ知られずに済みます。

私がはさんしたことを知っているかたは、ごく限定されているわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、借金の不安がなくなりました。

現在はクレカのきかんが早くおわるようにと待ちながらお仕事におります。

ですから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間がかかるので、さいしょからべんごし事務所にでんわしてむりょうのめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.