大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるウィン綜合法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした30歳のみこん男性です。

このページでは、自己破産をかんがえている人に、わたしの経験から得たおはなしを書いています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしにただでそうだんして代理でもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

ウィン綜合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目11-22-901

TEL:TEL 06-6360-6110

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかを話しします。

自己啓発のきょうざいや塾の入手をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

1かげつの収入よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで相談をしてみました。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

そして私のじゅうしょから近い弁護士事務所につうわして、直で事務所に行って、30分の無料面談をしました。

事務所には二度出向くだけでした。

それから電話と郵便でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせて大体15万円ついやしました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する力に合うようにして、かかったお金をまいつき法テラスにこうざひきおとしではらいました。

最終的には、弁護士じむしょに面談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、私の生涯のおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードがりようできないけってんがあるというわけです。

ですが、自己破産したことを誰にもいわなければきづかれずに済むのです。

私が破産したことをしっている方は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、借金の悩みがなくなったのです。

近頃はカードの期間が早く終わるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

とにかく、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責に時間がひつようなので、直ぐにべんごし事務所にれんらくしてむりょう相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.