大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるすまいる法律事務所の情報

投稿日:

わたしは何年か前に自己破産した34歳のきこん男です。

このホームページでは、じこはさんをかんがえているかたに、私の体験からえた情報を伝えています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0えんでめんだんしてだいりでもうしたててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

すまいる法律事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場3丁目9-10

TEL:TEL 06-6251-3016

どういうわけでじこはさんを申し立てたのかをはなしします。

びじねすの教材やセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいでけっさいしていました。

毎月の収入よりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がかかるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でそうだんをしたわけです。

そうしたらじこはさんでリボ払いのりそくをぜろにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そして自分のじゅうしょからちかい弁護士じむしょに通話して、直でじむしょに行って、30分の無料そうだんを行ないました。

事務所には2どいくだけでした。

そうして電話と郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょを合わせて大体15万円使いました。

15万円をはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいするのうりょくに応じて、必要としたおかねを月に1度法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、弁護士じむしょに話にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、私の人生のおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えない欠点があります。

ですが、じこはさんしたことを周囲にいわなければ知られずに済むのです。

わたしが破産したじじつを知っているひとは、ごく限られています。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいのしんぱいが消えました。

今はクレカのきかんがはやく終わるようにと待ちながらお仕事にいます。

ということから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責にじかんがようするので、直ぐにほうりつ事務所に連絡してむりょうの面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.