大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある七福法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえに自己破産した40代未婚おんなです。

このホームページでは、じこはさんをけんとうしている方に、わたしのたいけんからえたじょうほうをつたえています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

七福法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目7-15-502

TEL:TEL 06-6949-8454

どうしてじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

資格の教材や塾の入手をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月の収入額よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談を行ないました。

そうしたらじこはさんでリボばらいのりそくをナシにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしのきょじゅうちからあまりはなれていない法律事務所に電話して、直接事務所に行って、30分のむりょうめんだんをおこないました。

事務所には2かい行くだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助を合わせて大体15万円使いました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を利用して、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する能力に応じて、かかった金額をまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

ついには、法律事務所に話に行ってから十か月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが利用できないデメリットがあるのです。

しかし、破産したことを周りのひとに言わなければしられずに済みます。

わたしが自己破産したことをしっている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、へんさいの悩みがなくなりました。

現在はクレカの期限がはやくおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

よって、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、さいしょから弁護士事務所に連絡して無料そうだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.