大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるあびこ筋法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした53歳のどくしんおんなです。

当サイトでは、自己破産をかんがえている人に、私の事例からえた情報を伝えています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にむりょう面談して代理でもうしたててもらうと問題なく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

あびこ筋法律事務所

所在地

〒545-0011大阪府大阪市阿倍野区昭和町2丁目19-24

TEL:TEL 06-6625-7805

どうしてじこはさんを申し立てたのかを語りします。

しかくの教材やセミナーの購入をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をしました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そうして自分の住所からあまり離れていない弁護士事務所につうわして、ちょくせつじむしょにいき、30分の無料相談を行ないました。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そして電話とゆうびんでじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合計しておよそ15万円かかりました。

15万円をはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、少しの間だけたてかえました。

15万円を私の返済する能力に応じて、かかった金額を毎月1回法テラスに口座振替でしはらいました。

ついには、べんごし事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがしようできないけってんがあります。

ですが、自己破産した事をほかの人にいわなければ知られずにすみます。

私がじこはさんしちゃった事をしっているひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の苦しみがない状態です。

現在はクレカの期間があっというまにおわるようにとまちながら仕事にいます。

とにかく、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責にじかんが必要なので、ただちにべんごし事務所にれんらくしてむりょうのめんだんをやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.