大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある三ツ星(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は4ねんまえに自己破産した41歳の独身男性です。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、私のじつれいからえたおはなしを伝えています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんして代わりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

三ツ星(弁護士法人)

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜3丁目2-23

TEL:TEL 06-6222-3035

なんで自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

資格のしょうざいやスクールのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

毎月の給料よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費がかかるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯ではなしをしました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてうちの所在地からあまりはなれていないほうりつじむしょにでんわして、じかに事務所に出向いて、30分の無料相談を行ないました。

じむしょには二回行くだけでした。

そして電話と郵送でじむしょやべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計してやく15万円掛かりました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する力にあうようにして、必要としたお金を月毎に法テラスに口座引き落としで支払いました。

けっきょくは、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードが使用できない欠点があるというわけです。

そのいっぽうで、じこはさんしたじじつをだれにもいわなければ気づかれずに済みます。

わたしが自己破産してしまったじじつを知っている方は、ごくげんていされているのです。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金のふあんがない状態です。

ちかごろはクレカのきかんが早く終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

というわけで、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいにじかんがかかるので、直ぐに弁護士じむしょにれんらくしてむりょうのめんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.