大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある黎明国際法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した三十代どくしん女性です。

当ページでは、じこはさんを考えているひとに、わたしの実例から得た情報をつづっています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに0円でめんだんして代わりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

黎明国際法律事務所

所在地

〒530-0003大阪府大阪市北区堂島1丁目1-5-1002

TEL:TEL 06-6147-6238

どういうりゆうで自己破産を申し立てたのかを語りします。

自己啓発の商材やセミナーの購入をカードのリボばらいでせいさんしていました。

1か月のしゅうにゅうよりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がひつようなので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわではなしをしたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをぜろにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そして自分の所在地から近い弁護士事務所にでんわして、じかに事務所に行って、30分の無料めんだんをしました。

事務所には二回足を運ぶだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

自己破産の申立には着手金と弁護士の代理援助を合わせるとおよそ15万円掛かりました。

15万円を払うのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまく使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払するちからにあわせて、かかったお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、弁護士じむしょに相談に行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

じこはさんは、私の一生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレジットカードがつかえないデメリットがあるわけです。

けれども、破産したことをほかの人にいわなければ知られずにすむのです。

わたしがはさんしちゃったじじつをしっているかたは、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、返済の悩みがありません。

この頃はカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

ということから、自己破産の申立てをかんがえているなら、免責にじかんがひつようとなるので、ためらわずに弁護士事務所にれんらくして無料のめんだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.