大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある谷町法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前にじこはさんした34歳のきこんおんなです。

当ブログでは、じこはさんをかんがえている方に、わたしのじれいから得たないようを伝えています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんに0円で面談して代理でもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

谷町法律事務所

所在地

〒540-0012大阪府大阪市中央区谷町1丁目3-18-5F

TEL:TEL 06-6940-0152

なんでじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

じこけいはつのしょうざいやじゅくの購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、いりょうひがひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいで相談をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

それから私のじゅうしょから近くにあるほうりつ事務所に電話して、ちょくで事務所にでかけて、30分の無料相談をしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

そうして通話と郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせておよそ15万円つかいました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに応じて、必要としたお金を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

遂には、べんごし事務所に話に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが利用できないデメリットがあるわけです。

ですが、破産したことを他人にいわなければ知られずにすみます。

私が自己破産してしまった事をしっている人は、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのふあんがなくなりました。

今はカードのきかんがはやく終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ということで、じこはさんのもうしたてを考えているなら、めんさいに時間が要するので、いそいで弁護士じむしょに連絡してむりょうのめんだんをしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.