大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大西正朗法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした36歳の未婚女です。

このサイトでは、自己破産をけんとうしている人に、私の事例からわかったじょうほうをつづっています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしさんに無料相談して代わりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

大西正朗法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6360-7250

どんなりゆうで自己破産を申し立てたのかを話しします。

じこけいはつのきょうざいや塾のにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

1か月の収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費が必要になるので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうしてうちの住所からあまり離れていないべんごし事務所に通話して、直で事務所にいって、30分の無料面談をおこないました。

事務所には2かい行くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょをごうけいしてだいたい15万円つかいました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、その時だけ建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力にあうようにして、必要とした費用を毎月法テラスに口座引き落としでしはらいました。

結局は、弁護士じむしょにめんだんにいってから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、カードが使えないけってんがあります。

だけども、はさんした事実をまわりに言わなければしられずにすむのです。

私が自己破産したじじつを知っているかたは、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、返済の悩みがありません。

いまははクレジットカードの期限があっという間におわるようにと待ちながら仕事にいるのです。

よって、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが掛かるので、すぐに弁護士事務所にでんわしてむりょうのそうだんをしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.