大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるふくしま法律事務所の情報

投稿日:

私は前に自己破産した32歳のシングルの女性です。

この記事では、自己破産を検討している方に、私の体験から得た情報をかいています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士に無料めんだんして代理でもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

ふくしま法律事務所

所在地

〒553-0003大阪府大阪市福島区福島6丁目2-6

TEL:TEL 06-6454-1327

なんでじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

ビジネスのしょうざいやセミナーの購入をクレカのリボ払いでせいさんしていました。

まいつきの収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようが払うことになるので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でおはなしをおこないました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのご私の住所からちかくにあるほうりつじむしょにつうわして、直に事務所にでむいて、30分のむりょう面談をおこないました。

じむしょには2度出向くだけでした。

それからでんわと郵送でじむしょや弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合計しておよそ15万円かかりました。

15万円を払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の返済する能力にあわせて、ひつようとしたおかねを月に1度法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

けっきょくは、弁護士事務所にめんだんに足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレジットカードがしようできないデメリットがあるのです。

だけども、破産した事を周囲にいわなければ気づかれずにすみます。

私が破産してしまったことを知る方は、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金の心配が消えました。

現在はカードのきげんがあっという間に終わるようにとまちながら仕事にいるのです。

ということで、じこはさんの申し立てを検討しているなら、免責にじかんが必要となるので、はじめから弁護士じむしょにでんわして無料相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.