大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある飯塚法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した41歳のどくしんおとこです。

当HPでは、自己破産を考えている人に、私の事例から得たじょうほうをしるしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に無料面談してだいりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

飯塚法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目9-3

TEL:TEL 06-6809-7050

どんなりゆうで自己破産を申し立てたのかをかたりします。

じこけいはつの商材や塾の購入をクレカのリボばらいでしはらいしていました。

月の収入よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、治療費用がひつようになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話でお話をしたわけです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしの所在地からきんきょりのべんごし事務所に電話して、直で事務所にいって、30分のむりょうそうだんをしたんです。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そうして電話とゆうそうでじむしょや弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申立には着手金とべんごしさんの代理援助をごうけいしてだいたい15万円費やしました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力に従って、ひつようとしたおかねを毎月1度法テラスに口座引落で支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつ事務所に相談に足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないけってんがあるというわけです。

けれども、自己破産した事を誰にも言わなければきづかれずに済みます。

私がじこはさんしちゃった事実をしるかたは、ごくげんていされています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんの悩みがありません。

近頃はクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながらしごとにおります。

よって、自己破産の申立てをかんがえているなら、免責に時間が必要となるので、急いで法律事務所に連絡して無料面談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.