大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるみお綜合法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

わたしは3年前に自己破産した50代みこんだんせいです。

当ページでは、じこはさんを考えているひとに、わたしの実例からわかったおはなしをかいています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士さんにただでそうだんして代わりでもうしたててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

みお綜合法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田3丁目1-3

TEL:TEL 06-6348-3055

なんで自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

じこけいはつのきょうざいや講習会の入手をカードのリボ払いでけっさいしていました。

1か月のきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひが必要なので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいでそうだんをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからわたしの住所からあまりはなれていない法律じむしょに電話して、ちょくで事務所に出掛けて、30分のむりょう面談を行ないました。

じむしょには2ど出向くだけでした。

そして通話と郵便で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせると大体15万円ついやしました。

15万円をはらうのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、掛かったひようを毎月1度法テラスに口座振替で支払いました。

結果的には、べんごし事務所に相談にいってから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えないデメリットがあります。

ですが、はさんしたことをしゅういにいわなければ気づかれずにすみます。

わたしが自己破産しちゃったことをしるかたは、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの悩みが消えました。

現在はクレカのきかんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいます。

というわけで、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間がひつようとなるので、いそいで法律事務所にでんわしてむりょう相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.