大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岩本亘平法律事務所の情報

投稿日:

わたしは1ねんまえにじこはさんした34歳の既婚女です。

このブログでは、じこはさんを考えているかたに、私のけいけんからえた情報をつたえています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんしてかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

岩本亘平法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6809-6391

なぜ自己破産を申し立てたのかをお話します。

ビジネスの教材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月の給与よりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がひつようなので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でそうだんをおこないました。

するとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そのごじぶんの住所からちかいほうりつ事務所につうわして、直で事務所に行って、30分の無料そうだんをしたのです。

じむしょには2どいくだけでした。

それから通話とゆうびんでじむしょや弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせると約15万円かかりました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、その時だけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力にあわせて、掛かったお金を1か月毎に法テラスに口座引き落としでしはらいました。

ついには、べんごしじむしょにそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかを受けました。

じこはさんは、わたしのいっしょうの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがしようできないけってんがあります。

その一方で、じこはさんした事実を他人にいわなければ知られずに済みます。

私がはさんしちゃった事実を知っているひとは、ごく限定されているというわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいの心配がない状態です。

ちかごろはクレジットカードのきげんが早くおわるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

よって、自己破産の申立てをけんとうしているなら、免責に時間が必要となるので、はじめから弁護士事務所にでんわして無料の相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.