大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある心斎橋中央法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4年前にじこはさんした37歳の独身男性です。

このサイトでは、自己破産をかんがえているかたに、私の体験から得たないようをしるしています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしにただでめんだんしてだいりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

心斎橋中央法律事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場4丁目7-6-2F-B

TEL:TEL 06-6210-2386

どうして自己破産を申し立てたのかを話しします。

ビジネスのテキストやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

1かげつの給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に携帯でそうだんをしたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そして私の住所から近くにある弁護士事務所に電話して、ちょくせつ事務所に行って、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2度いくだけでした。

そうして電話とゆうそうでじむしょやべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょを合計して大体15万円つかいました。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的に建て替えました。

15万円を私のへんさいする力にしたがって、掛かったお金を月に1度法テラスに口座引き落としで支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつ事務所にめんだんにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがしようできないけってんがあるのです。

そのいっぽうで、破産した事を周りのひとにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんの心配がきえました。

げんざいはクレカの期間がはやくおわるようにとまちながら仕事にいます。

というわけで、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、いそいで法律事務所にれんらくして無料のめんだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.