大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府

大阪府摂津市にある大阪北摂法律事務所の情報

投稿日:

わたしは過去にじこはさんした34歳の未婚女性です。

この記事では、自己破産を考えているかたに、私のじれいからえた情報をしるしています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしにタダでめんだんして代わりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

大阪北摂法律事務所

所在地

〒566-0001大阪府摂津市千里丘1丁目10-15

TEL:TEL 06-6155-5085

何で自己破産をもうしたてたのかを話しします。

スキルアップのテキストやじゅくの入手をクレカのリボ払いで清算していました。

つきの給料よりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話ではなしをおこないました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

その後わたしの居住地からきんきょりのほうりつ事務所につうわして、直接事務所にでかけて、30分の無料相談をしました。

事務所には2かいでむくだけでした。

そしてでんわとゆうびんでじむしょやべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士さんのだいりえんじょをごうけいしてやく15万円かかりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、そのときだけたてかえました。

15万円をわたしのしはらいする力に合うようにして、掛かった金額を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、弁護士事務所に面談に行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが使えないけってんがあるのです。

しかし、破産した事実をほかのひとにいわなければ知られずにすみます。

わたしがじこはさんしてしまったことを知る人は、ごく限られています。

リボばらいのりそくが無くなったことで、しゃっきんのくるしみがなくなりました。

ちかごろはカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながらお仕事にいるのです。

ということから、じこはさんの申立てをかんがえているなら、免責に時間が掛かるので、ただちにべんごし事務所にれんらくして無料相談をうけて手続きを。

-大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.