大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府

大阪府四條畷市にある四條畷法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した44歳の独身おとこです。

このブログでは、自己破産をけんとうしているひとに、私のじれいからえた情報を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

四條畷法律事務所

所在地

〒575-0023大阪府四條畷市楠公2丁目10-25

TEL:TEL 072-814-5581

どういうりゆうで自己破産を申し立てたのかを語りします。

しかくのきょうざいや講習会のこうにゅうをカードのリボ払いでけっさいしていました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、ちりょうひようがひつようなので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯でそうだんを行ないました。

そうしたらじこはさんでリボ払いのりそくを無しにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのごわたしの所在地からあまり離れていない弁護士じむしょに電話して、直接じむしょに出向いて、30分の無料めんだんをしたわけです。

事務所には2回いくだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をごうけいしておよそ15万円使いました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、その時だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力に従って、掛かったきんがくを月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、べんごしじむしょにそうだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、わたしのしょうがいのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、カードがつかえないけってんがあります。

その一方で、はさんした事実をまわりの人にいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産した事実をしるかたは、ごくかぎられています。

リボ払いの利息が無くなったことで、返済の苦しみが消えました。

このごろはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらお仕事にいます。

とにかく、じこはさんの申立てをかんがえているなら、めんさいにじかんが必要なので、さいしょからべんごしじむしょにでんわして無料の面談をやってもらって手続を。

-大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.