大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある西宮原法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえにじこはさんした38歳の独身おんなです。

このページでは、じこはさんを検討している人に、私のじれいから得たお話を記しています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に0円で面談してだいりでもうしたててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

西宮原法律事務所

所在地

〒532-0003大阪府大阪市淀川区宮原4丁目3-12

TEL:TEL 06-4867-4612

なんで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

じこけいはつのテキストや塾のにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

月のきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費が必要なので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でお話をしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そして自分の住所からあまり離れていない法律事務所に電話して、ちょくせつ事務所にでむいて、30分のむりょう相談をしました。

じむしょには二度いくだけでした。

それから電話とゆうそうでじむしょや弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをまとめるとおよそ15万円つかいました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払する力に合うようにして、かかったお金を毎月1回法テラスに口座振替で支払いました。

結果的には、べんごし事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかを受けました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあるのです。

ですが、自己破産したじじつを誰にもいわなければきづかれずに済みます。

私がじこはさんしてしまった事実を知っているひとは、ごく限られているというわけです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金の不安が消えました。

さいきんはクレジットカードのきげんがあっというまに終わるようにとまちながらしごとにおります。

そういうわけで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、直ぐにべんごし事務所に電話して無料の面談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.