大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある寺野善圀法律事務所の情報

投稿日:

私はすこしまえに自己破産した39歳のみこんだんせいです。

当ページでは、自己破産をけんとうしている人に、わたしのけいけんから得た内容をおつたえしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんにただでめんだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

寺野善圀法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜1丁目1-9

TEL:TEL 06-6202-5731

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくの教材やこうしゅうかいのこうにゅうをクレカのリボ払いでけっさいしていました。

1かげつの収入額よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話ではなしをしたわけです。

すると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そうして自分のしょざいちからあまり離れていない弁護士じむしょに電話して、直に事務所にいき、30分の無料相談をしました。

事務所には2回いくだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょをあわせるとやく15万円かかりました。

15万円をはらう力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしのしはらいするちからに従って、かかった費用をつきごとに法テラスに口座引落で払いました。

最終的には、べんごし事務所に相談に行ってから十か月後に、じこはさんの免責が許可を受けました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるというわけです。

しかし、破産したことを周りのひとにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産した事をしるかたは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの不安がきえました。

現在はクレカのきかんがあっという間におわるようにとまちながらおしごとにおります。

ということで、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、すぐに法律事務所に連絡してむりょうめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.