大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるカイロス総合法律事務所(弁護士法人)大阪事務所の情報

投稿日:

私は前にじこはさんした44歳のシングルのだんせいです。

このHPでは、自己破産をけんとうしている方に、私の実例から得た内容をしるしています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしさんに無料めんだんしてだいりで申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

カイロス総合法律事務所(弁護士法人)大阪事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目8-7

TEL:TEL 06-6130-5818

なぜじこはさんを申し立てたのかをお話します。

びじねすのきょうざいやこうしゅうかいの入手をクレジットカードのリボ払いでけっさいしていました。

月の収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくを無しにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

その後私のじゅうしょからきんきょりの弁護士じむしょにつうわして、直接事務所にでむいて、30分のむりょう面談をしました。

事務所には二度出向くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしの代理援助をまとめると約15万円掛かりました。

15万円をはらう力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円をわたしのしはらいする力にあわせて、かかった費用を毎月1回法テラスに口座振替でしはらいました。

最終的には、ほうりつ事務所にそうだんに行ってから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるというわけです。

しかし、じこはさんしたじじつを周囲にいわなければ気づかれずにすむのです。

私が自己破産したじじつをしっている方は、ごく限定されています。

リボばらいのりそくがなくなったことで、へんさいの不安がない状態です。

このごろはカードのきげんがはやくおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

という訳で、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間がかかるので、すぐに弁護士事務所に連絡して無料そうだんをしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.