大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある堂島パーク法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した46歳のシングルのおとこです。

当サイトでは、じこはさんを検討しているかたに、私の経験から得たじょうほうを書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに無料そうだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

堂島パーク法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-415

TEL:TEL 06-6367-0777

なぜ自己破産を申し立てたのかを語りします。

自己啓発の商材やセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1か月の給与よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、いりょうひが必要になるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分のじゅうしょからきんきょりのほうりつ事務所に通話して、直接じむしょにいって、30分の無料そうだんをしたわけです。

じむしょには2度行くだけでした。

それから電話と郵便で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合わせて約15万円つかいました。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力に応じて、ひつようとしたお金を毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

さいしゅうてきには、法律じむしょに面談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレジットカードが使用できないデメリットがあるのです。

けれども、自己破産した事実を他人にいわなければ知られずにすむのです。

私が自己破産してしまったことをしるひとは、ごく限られているというわけです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、返済の不安がありません。

いまははクレジットカードのきかんがあっという間におわるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんが掛かるので、最初からほうりつ事務所にでんわして無料そうだんをうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.