大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある小松惠太郎法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなり前にじこはさんした40歳の未婚だんせいです。

このサイトでは、自己破産を考えている方に、わたしのじれいからえたじょうほうを伝えています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士さんに0円で面談して代理で申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

小松惠太郎法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18-6F

TEL:TEL 06-6755-4940

どうしてじこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

びじねすのしょうざいやスクールの購入をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

毎月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、医療費がかかるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で話をしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからわたしの住所から近いほうりつ事務所に電話して、ちょくで事務所に行き、30分の無料面談をしました。

じむしょには2回でむくだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてほぼ15万円つかいました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、その時だけ建て替えました。

15万円を私の支払いする力に応じて、必要とした金額を毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

結局は、べんごし事務所に面談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんの免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないけってんがあるわけです。

しかし、自己破産したことを他人に言わなければきづかれずに済みます。

私がじこはさんしてしまった事を知るかたは、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのふあんが消えました。

近頃はクレカの期限が早くおわるようにとまちながら仕事にいるのです。

とにかく、じこはさんのもうしたてを考えているなら、めんさいにじかんがひつようなので、ただちに弁護士事務所に電話して無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.