大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある根岸・佐々木法律事務所の情報

投稿日:

私は数年前にじこはさんした40歳のみこん男です。

このサイトでは、自己破産を考えている方に、わたしの体験からわかったないようを書いています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にただでめんだんしてかわりで申し立ててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

根岸・佐々木法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4

TEL:TEL 06-6809-7991

なぜ自己破産をもうしたてたのかをかたりします。

しかくの教材やじゅくの購入をクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

ひと月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわでそうだんをしてみました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そして私の所在地から近距離の弁護士事務所につうわして、ちょくせつ事務所にいき、30分のむりょうめんだんを行ないました。

事務所には2回行くだけでした。

そうしてつうわとゆうそうで事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続をすすめました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士さんの代理援助をあわせてだいたい15万円かかりました。

15万円を支払うのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をかつようして、いちじてきに建て替えました。

15万円を私のしはらいする力に合うようにして、掛かった金額を毎月法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

遂には、ほうりつ事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使えない欠点があります。

そのいっぽうで、はさんした事実を誰にもいわなければきづかれずにすみます。

私がはさんしちゃった事をしっているひとは、ごく限られているわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、返済の不安がきえました。

いまははクレカのきげんがあっというまに終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ですから、じこはさんのもうしたてをけんとうしているなら、めんさいに時間がようするので、ためらうことなくほうりつ事務所に電話して無料のめんだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.