大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるアテンド総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしは数年前に自己破産した五十代既婚男性です。

このページでは、自己破産をけんとうしているかたに、私の体験からえたないようをしるしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょう面談してかわりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

アテンド総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目10-3-6F

TEL:TEL 06-6363-1800

どういう訳で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

資格のしょうざいやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費がかかるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわでそうだんをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分の住所から近距離の弁護士事務所に通話して、じかに事務所にでかけて、30分の無料そうだんを行ないました。

事務所には2回行くだけでした。

そして通話と郵便でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしのだいりえんじょをあわせてほぼ15万円費やしました。

15万円を支払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をりようすることで、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の返済する力に応じて、ひつようとしたおかねを毎月法テラスに口座振替ではらいました。

結局は、ほうりつ事務所にめんだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をしてもらいました。

じこはさんは、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるのです。

だけども、破産した事を他人に言わなければしられずに済みます。

私が破産した事を知っているひとは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんのふあんがなくなりました。

いまははクレジットカードのきかんがはやくおわるようにと待ちながらお仕事におります。

ですから、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、直ぐにべんごし事務所にでんわして無料のそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.