大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるやぶね法律事務所の情報

投稿日:

私はかなり前にじこはさんした32歳の既婚じょせいです。

このブログでは、じこはさんを検討している人に、わたしの体験からわかったじょうほうを伝えています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに0円で相談してかわりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

やぶね法律事務所

所在地

〒540-0012大阪府大阪市中央区谷町4丁目5-9-303

TEL:TEL 06-4790-7866

何故自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

しかくのきょうざいやセミナーの入手をクレジットカードのリボ払いで清算していました。

毎月の給与よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費が払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でおはなしをしたわけです。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そうしてうちの住所からちかくにある法律事務所に電話して、ちょくで事務所に出向いて、30分のむりょうそうだんをおこないました。

じむしょには二度あしをはこぶだけでした。

そうして電話とゆうそうで事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをまとめるとだいたい15万円掛かりました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私のしはらいするのうりょくにあうようにして、かかったお金を月に1回法テラスにこうざひきおとしで払いました。

ついには、べんごしじむしょに相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

じこはさんは、私の一生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

その一方で、はさんした事実をまわりのひとに言わなければ知られずにすみます。

私が自己破産しちゃった事をしる方は、ごく限られています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金の悩みがない状態です。

現在はカードの期限があっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責にじかんが必要となるので、はじめからべんごしじむしょに連絡して無料そうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.