大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

和泉市 大阪府

大阪府和泉市にある和泉府中法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した48歳のシングルの女です。

このHPでは、自己破産をかんがえている方に、わたしのたいけんから得た情報を記しています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に無料面談してかわりでもうしたててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

和泉府中法律事務所

所在地

〒594-0071大阪府和泉市府中町1丁目10-3

TEL:TEL 0725-40-0170

なぜ自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

自己啓発のしょうざいや塾の購入をカードのリボばらいで決済していました。

つきの給与よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひが必要になるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話ではなしをしてみたのです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしの所在地からちかくにある法律事務所に電話して、ちょくせつ事務所にでむいて、30分の無料そうだんを行ないました。

じむしょには2回足を運ぶだけでした。

そして通話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合計してだいたい15万円ひつようでした。

15万円をしはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済する力に従って、かかった金額を毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

けっかてきには、ほうりつ事務所にそうだんにいってから十か月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードがりようできないデメリットがあるわけです。

ですが、破産した事実を周りにいわなければ気づかれずにすむのです。

わたしがはさんしてしまったことをしる方は、ごくげんていされています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の苦しみがなくなりました。

いまははクレジットカードの期間がはやくおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責にじかんがひつようなので、最初からべんごし事務所にれんらくして無料面談をしてもらって手続きを。

-和泉市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.