大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある尾崎総合法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした46歳のみこんおんなです。

当サイトでは、自己破産をかんがえている方に、私の体験からわかったないようをお伝えしています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士さんにタダで相談してかわりで申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

尾崎総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-423

TEL:TEL 06-6361-6396

どういうりゆうで自己破産を申し立てたのかを語りします。

ビジネスのてきすとやこうしゅうかいの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

ひと月の収入よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、ちりょうひが必要なので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話をしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくを無しにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そうしてうちの居住地からあまり離れていない弁護士事務所にでんわして、直接事務所にいって、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には二回あしをはこぶだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょをあわせるとおよそ15万円ひつようでした。

15万円をしはらうのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力におうじて、ひつようとしたきんがくをつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

結果的には、べんごし事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけたのです。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレジットカードがつかえない欠点があります。

その一方で、破産した事実をだれにも言わなければきづかれずに済むのです。

私が破産したことをしる人は、ごくげんていされています。

リボばらいのりそくが無くなったことで、へんさいの悩みがない状態です。

いまははクレカのきげんがあっという間におわるようにと待ちながら仕事にいるのです。

ということで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間が必要なので、いそいでほうりつ事務所にれんらくして無料相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.