大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 茨木市

大阪府茨木市にある茨木太陽(弁護士法人)茨木太陽法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前にじこはさんした45歳の独身男です。

このページでは、じこはさんを検討している方に、わたしのじつれいからえた内容を綴っています。

結論からいうと、自己破産はべんごしにタダでめんだんして代理で申し立ててもらうともんだいなくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

茨木太陽(弁護士法人)茨木太陽法律事務所

所在地

〒567-0829大阪府茨木市双葉町10-1

TEL:TEL 072-652-0295

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

スキルアップの教材や塾の購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

ひと月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がひつようなので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でそうだんをしたわけです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

それからわたしの居住地から近いべんごし事務所につうわして、じかに事務所にいって、30分のむりょう面談をおこないました。

事務所には2度あしをはこぶだけでした。

そうして通話とゆうそうで事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてほぼ15万円かかりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する力にあうようにして、掛かった費用を毎月1度法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

最終的には、ほうりつじむしょにめんだんにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードがしようできないけってんがあるというわけです。

そのいっぽうで、はさんしたじじつを周りのひとにいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金のふあんが無くなりました。

ちかごろはクレカのきかんがはやく終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

というわけで、じこはさんの申立てを考えているなら、免責に時間がひつようなので、いそいで法律じむしょに電話して無料の面談をうけて手続きを。

-大阪府, 茨木市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.