大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるWAYMARK法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえに自己破産した50代既婚女です。

このサイトでは、自己破産をかんがえている方に、私の体験からわかったおはなしをつたえています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0円で面談して代理でもうしたててもらうとえんかつにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

WAYMARK法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-C04

TEL:TEL 06-6940-4902

どんな理由でじこはさんをもうしたてたのかを話しします。

ビジネスの教材やこうしゅうかいの入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月の給料よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費用が払うことになるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にけいたいでそうだんをしたのです。

するとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そのご自分のしょざいちから近くにある法律事務所に通話して、じかに事務所にでむいて、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2回いくだけでした。

そうして通話と郵便で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせてだいたい15万円掛かりました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいするちからに従って、掛かった金額を毎月1度法テラスに口座振替で払いました。

結局は、法律事務所に話に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがりようできないデメリットがあります。

ですが、自己破産した事実をまわりのひとにいわなければしられずにすみます。

私がじこはさんしたことを知るかたは、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいのくるしみがなくなりました。

いまははクレカの期限が早く終わるようにとまちながら仕事におります。

ですから、じこはさんの申立てを考えているなら、免責にじかんが掛かるので、ただちに法律じむしょにでんわして無料相談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.